スタジオ創設の思い

今は演劇冬の時代。
暮らしていくことで精一杯で、とても演劇活動を続ける余裕がない。
だからこそ、演劇やダンス、パフォーマンスなどの練習が低料金でできて、公演できるスペースが欲しい。

それを可能にするのが2015年1月に立ち上げたKCスタジオです。
2階には、音響スタジオまで兼ね備えています。

ホール使用の一例

2016年には劇団風斜が出演者三人で、ジュネの名作「女中たち」を上演。
3週に渡り合計7回の公演を、合計2万5千円のホール代、1000円の入場料、180名の観客動員で行いました。

KCスタジオでは一人でも多くのお客さんに来てもらうため、入場料を1500縁以下に設定することをお願いしています。
また、神戸の演劇シーンの活性化のために、神戸地区以外の劇団にも是非ここで上演して欲しいと思っています。
市外、県外の演劇人との活発な交流を期待しているのです。

その場合には、ホール使用料やどのように集客するかに関して、利用者と話し合いを持ちたいと考えています。

まずは見学に来てください。
その上で、KCスタジオのご利用を心からお待ちしております。

KCスタジオ主催 李敬司